2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

TOP > スポンサー広告 > Title - DQX:おもいで映写機で視聴、ドルボードを試しに乗ってみました。TOP > ◆ドラゴンクエストX > Title - DQX:おもいで映写機で視聴、ドルボードを試しに乗ってみました。

スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THEME | GENRE |
スポンサー広告

COMMENT LIST

DQX:おもいで映写機で視聴、ドルボードを試しに乗ってみました。 
今週の休日キッズタイム、Wii U版『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』をプレイして、
おもいで映写機で視聴、ドルボードを試しに乗ってみました。


この際にバージョン1.4アップデート(5月16日)は大きく変更点が多くて惑ってました。
今後慣れました。このため、違和感を感じたことが多かった。

●過去に見たイベントを再視聴できる家具「おもいで映写機」
20130519_01dqx01.jpg
住宅村の家具屋で購入したおもいで映写機を設置しました。
これでメインストーリーのイベントを再視聴できますね。ただし、自分のキャラの姿と衣装は出身村イベントと鉄道での賢者ホーローのイベント以外に今の装備での再視聴となります。このため、人間姿で各々の大陸の1つ目キーエンブレム5個に関連イベント進行というシーンは矛盾する可能性があります。

●移動速度がアップする乗り物「ドルボード」
20130519_01dqx02.jpg
No.228「ライドオン ドルボード!」クエストを早速クリアして24時間後ドルボードを入手しました。
ドルボードはドルセリンを使って30分間に乗れる。その燃料をエネルギーとして乗る間に時間消費されます。乗ってない状態に時間消費しません。
ドルボードのスピードは…1.4倍。劇的なスピードアップにならないが、モンスター追跡から逃げ切る程度です。このおかげでキラキラ収集と往復等に便利ですね。


バージョン1.4の残念な点はバトル中にLRボタンで視点を動かせなくなった事です。
>バトル中に「Lボタン」で決定ができるようになりました。
(大型アップデート情報 バージョン1.4の頁より)
このせいでバトル中にLRボタンで視点を回す機能が使えなくなりました…。周囲にいる敵を見えずに死角になりやすい。唯一のRスティックボタンで視界調節しなければならないね。
「バトル中に「Lボタン」で決定機能」は使いづらいという意見に同感です。決定機能はAボタンのみで十分です。操作は人それぞれなので設定で機能切替orボタン配置を変更すれば良いかと思います。操作を戻す対応できる日に待つしかありません。



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECTBIRD STUDIOSQUARE ENIX All Rights Reserved.


◆ドラゴンクエストX |  TRACKBACK : 0 | COMMENT : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 





TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




ブログ内の検索フォーム
※注意事項※
このブログを閲覧する上で記事には内容と画像に関してネタバレが含まれる可能性があることをご留意下さい。
コメントとトラックバックについてはコメント投稿・トラックバックする・見る方、その前に、 COMMENT・TRACKBACKの注意事項へ読んで下さい。
※このブログ記事内容・画像を悪用・不快な利用しないで下さい。及び、ゲームデータ改造に利用しないでください。
ゲームデータ改造は一切使用しません。
※このブログに記載の記事・画像などの無断転載・本来の目的に反する使用を禁じます。
プロフィール

夜天

Author:夜天
夜天(やてん)です。

ポケットモンスター関連ゲームをプレイし遊んでいます。他のゲームもしてます。目標に向けて進んでいます。

私の言葉が下手ので、ブログの記事に間違いなどがあればご指摘お願いします。

初めて見て下さってる方々、
こちらへ読んで下さい。

拍手して下さる方、いつも応援ありがとうございます。

当ブログはリンクフリーです。リンクフリーについてはこちらへ

最新コメント
FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。